Home > 公式情報+α > フォトコンテスト

フォトコンテスト Archive

第一回プロフ写真コンテスト結果発表

ハロウィンマーチのプロフ写真コンテストの結果が発表されました。
ハロウィン・マーチ プロフ写真コンテスト
どれも力作の作品が賞に輝いてるわけなのですが、やっぱりプロフ写真を拡大して表示ほしいところですね(==;
ハロウィンらしく、入賞作の半分以上はカボチャネタが絡んでました。
ハンゲーム時代の最優秀賞も儀式を思わせるプロフィール写真が選ばれたことがあるので、
儀式を思わせる神秘性を演出できると得票数に結びつく傾向があるように思われます。

第2回フォトコンテストの受賞外作品にも良作が

選考対象外になったプロフィール写真についての紹介がありました。
[ スタッフ日記 ] 【Vol.158】第2回【CA】フォトコンテスト応募作品のご紹介

第1回と第2回を比べると、
[ イベント ] 【CA】フォトコンテスト結果発表!
第1回は正面を向いている写真が多く感じまられます。
そのためどうしても似たり寄ったりする作品が続出。
第2回だと、カメラ視点が変更される場所や、ゲーム設定での描写設定にある解像度をうまく調整して大きく撮影しようとする人が増加します。
賞を受賞した作品以外にも目を見張る作品がちらほら見かけることができました。

第2回が342通で、第1回が520通と、前回より投稿数が減少。
原因を考えると、テーマが絞られたことや、腕に自信がない人が遠慮したことが大きなところか。
フォトコンテストの衰退と言うにしては今回のプロフィール写真の作品の質が高くなっているので当てはまらないところでしょう。
完全に情熱と感性の世界ですからね。

前作を知る身にとっては、使い魔にアクションをさせる(HMGが100の場合、使い魔の目の前で飼い主がアクションをすると対応のアクションを真似る。テイム必須)仕様があれば、と感じますが、この辺も散々言われていたことなので今回はこの程度に。
プロフィール写真の構造上の問題として、ある程度自分で視点移動が出来るようにさせてほしい声をよく聞きます。
作品でも劇場で撮影する人も多かったのですが、劇場で撮影するのは視点が引いた状態で描写することができるので、劇場で撮影している人が多いような状態です。

どちらにしろ新町シルトが実装されることによって機能が拡充されることを考えると、いろいろと撮影素材が増えそうですね(”*

第2回【CA】フォトコンテストの結果発表

第2回【CA】フォトコンテスト結果が発表されました。
[ イベント ] 第2回【CA】フォトコンテスト結果発表!
選考作品の画像はコチラ。
[ イベント ] 第2回【CA】フォトコンテスト最終選考作品発表!

コンチェルトゲート賞は
テーマ「いつでも一緒♪」では、①【今はまだ、、片思い?!】が受賞、
テーマ「どうやって撮影したのでしょうか!?」では、⑧【吸魂の儀】が受賞です。
受賞おめでとうございますヽ(‘□’*)ノミヽ(*’□’)ノ

私の予想だと、⑤【《あふれる涙》(´;ω;`)】と⑥【トーテム♪トーテム♪】が受賞するのではないかと予想してたんですが、2つともハズレ。
予想が外れるくらい良作揃いだったということでしょう。
「いつでも一緒♪」だとテーマで選ばれた感があり、「どうやって撮影したのでしょうか!?」だと技術もさることながら作品としての完成度の高さで選ばれたように思えます。

各CA賞も選考にポイントがあります。
【CA】Melushalin賞の【ポコ太郎!】や【CA】Norlusha賞 【ひよこ幼稚園バンダ組】 の作品だと、「いつでも一緒♪」で選考に入っていてもおかしくはない出来の作品です。
一方で、【CA】Yadoropus賞 【祭りの後・・・】 は、「どうやって撮影したのでしょうか!?」で選考に入っていた作品。
どちらかというと「いつでも一緒」に投稿された作品の方が競争が激しかったことが伺えます。

また羊飼いの設定である【CA】Qooyangさんが羊の作品を取り上げているので、受賞対象にCAの設定も絡むことになりそうです。
あと第1回フォトコンテストと総合すると、CA賞は食べ物ネタがけっこう好きな雰囲気がある?
[ イベント ] 【CA】フォトコンテスト結果発表!

賞与する都合上、作品の出来としては良作に属するものの受賞されない作品も存在します。
今回だと選考段階まで残っていたトパーズやデビルストーンネタでしょうか。

>後日、あと一歩で最終選考作品に選ばれていた!
>…かもしれない作品のご紹介を他の【CA】の方にお願いしています。

この辺で評価されづらい良作もうまく救済してほしいところですが、粒揃いの状態だとなかなか難しいところでしょうかねぇ。
CA賞を見ている限り、選考漏れでも秀逸な作品が眠っていそうな気配がします。

第2回【CA】フォトコンテストの投票(~08年11月9日)

第2回【CA】フォトコンテスト最終選考作品が発表されました。
[ イベント ] 第2回【CA】フォトコンテスト最終選考作品発表!
>投票期間は11/6(木)24:00【11/7(金)0:00】 から 11/9(日)24:00 【11/10(月)0:00】
投票期間が、3日間(7~9日)しかないので、投票する人は早めに投票しておくことをお勧めします。

今回は「342通」と、前回の「520通」よりも減少しているのが、やや気になるところ。
テーマで区切られたことが減少につながったことも考えられますが、実際に投稿作品をみてみると、優秀なプロフィールが揃っています。
前回より作品のレベルが下がっているわけではないので、腕に覚えがある投稿主で構成されたと考えていいでしょう。

「いつでも一緒♪」

>①【今はまだ、、片思い?!】
劇場のカーテン越しから手を振っている(カーテン越しから除いてるに見える)女性キャラと、
バレンタインチョコを食べてハートのエフェクトを出している男性キャラ。
「いつでも一緒♪」のテーマにぴったりな作品。

>②【大好きなみんな★】
「利き手の関係等の調整と装備を左右同じにした所もこだわり(*`・ω・*) 」とあるとおり、
劇場の舞台で、9人寄り添っている力作。
テーマも沿っていてるので上位での食い込みが狙えるのですが、シンメトリーになった分、視覚的に単純になってしまっているところがどう響くか。

>③【NA☆KA☆YO☆SI】
バニーガールセットの男女。
装備品がうまい具合に構図美を出しており、奥の滝が明るいことから、丸みを帯びた遠近感を感じさせます。
それでいてバニーガールセットの耳が直線的であるため、直線と丸みを同時に感じさせてくれる非常に優秀な作品。
もう一ひねりほしいところなのですが、構図上ではこれ以上動かせないのが悩ましいところ。

>④【神様、あともう少しだけ】
カボチャをかぶったプレイヤーが、デビルストーンやトパーズに囲まれて食されている作品。
時期柄、ハロウィンらしい作品なのですが、デビルストーンの登場で一般受けは難しいかも?

>⑤【《あふれる涙》(´;ω;`)】
「触覚」を装備したプレイヤーが、モフモフと重なっている作品。
あたかもモフモフが泣いているように見えます。
別のテーマである「どうやって撮影したのでしょうか!?」でも優勝を狙えるくらいの作品でしょう。

>⑥【放課後のホッとする時間だおw】
プロフィール写真でも数多い、城の屋上での作品。
前回コンチェルトゲート賞の⑩【今晩の・・・】を思わせる作品ですが、あちらは哀愁を醸し出す作品だとすると、
マスカットヒヨコのヒヨコ帽と、マスカットヒヨコで、上手に愛嬌を演出できています。
一緒にお食事ということで、食料を置いたのも一役買っており、評価する人も多いと思われます。

>⑦【我が最大の強敵(とも)。】
2キャラのルチャドールセットを装備したキャラが、喜びのアクション(女性キャラ)をしている作品。
若干画像が左寄りになっているのが気になるところですが、プロフィール写真を撮影する人全員が困っているのが、撮影の枠を動かしづらいところなんですよねぇ(==;

>⑧【かぼちゃごろごろ】
カボチャを被ったプレイヤーが、幾何学的に重なっている作品。
インパクトはあるものの評価が難しく、一般的に想像されている「いつでも一緒♪」との齟齬がどうなるか。
大量に人を写したいときは、劇場で撮影されることが多いようです。

>⑨【のんびりいこうよ】
ノッカーフルフェイス+ノッカーの着ぐるみと、ペットのノッカー。
弾力感がある草地で撮影していることと、画像全体が緑色があることから、柔らかみを感じさせる好印象な作品へ。

>⑩【ネズミ退治v】
ヨサクと、骨付き肉を食して前向きに倒れるモーションになった茶ノッカーの着ぐるみのプレイヤー。
お花畑を畑と見立てて、そばにトマトも置いてあります。
努力を感じるのですが、カカシといえばカラスになるんでしょうかねぇ。

今回の写真だと、どれも力作そろいのためどれがコンチェルトゲート賞になるか絞る作業自体が難しく感じます。
私だと⑤番がコンチェルトゲート賞に輝くのではないかと予想。

「どうやって撮影したのでしょうか!?」

>①【念願のオム~♪】
前回優勝した作品のバージョンアップ。
上手に隕石を撮影するのは難しいのですが、やはり二番煎じとなってしまうか。

>②【地球外生命体】
トパーズの重ね写真。
トパーズ系は選考には残るのですが、優勝は至難の業でしょうねぇ(==;
選考に残った時点で、目的は果たせたと言っていいでしょう。

>③【・・・チラッ】
「ちらっ(pェ・q)いじめる? 」といった具合に、喜びのモーションで片目だけを見せる作品。
前回のウィンクの写真のように、非常に気になる作品に仕上がっています。

>④【冬の訪れ到来】
舞台上で、キーファと重なった、白アフロのキャラが整列している様子。
見た目は木に積もった雪を表現している苦労作で、なかなか撮影が難しかったことが伺えます。
キーファ+白アフロキャラの1人だけだと、一目見ただけでは雪という印象を持ちません。
そのためキーファ+アフロキャラを4体置いたり、雪だるまを置いたりして、やっと木に積もった雪と判断できるのです。

>⑤【芽が出ました!】
「撮影地点を開拓で作るのに苦労しました。 」とのこと。
CA賞minty賞の「Simple Is Best.」の類似作になるでしょう。

>⑥【トーテム♪トーテム♪】
カボチャ状のトーテムポールで、隣にはカラフルな影モンスターが。
私はお団子やトーテムポールよりも、アイスクリームの三段重ね(トリプル)を思い浮かべました。
とてもカラフルで、背景も右側と左側でずいぶんと違った印象を受けます。

>⑦【あざらし仮面(?)】
アザラシと、タンクトップを装備したキャラのコラボ。
一ネタとして十分通用するのですが、ぱっと見みると地味に収まってしまうのが痛いところ。

>⑧【吸魂の儀】
構図的にも優れており、イメージとしても秀逸さを感じさせる作品になっています。
テーマがテーマなら優勝が狙えるものの、「どうやって撮影したのでしょうか!?」のテーマでどこまで支持を得られるか。

>⑨【上に何かが・・・・】
リセリア城のタウンゲートで、誰かが落ちてくる前の影を映した作品。
待ち構えているキャラクターが手を振ることで、落下とともに浮遊感を感じ取ることができます。
下にニードルマッシュやダネマッシュなどとげとげしたペットを配置した方がおもしろかったかも?

>⑩【祭りの後・・・】
周りに、たこ焼きや焼き鳥をおいて、右利きの酒瓶を装備したキャラと、左利きの酒瓶を装備したキャラが重なって倒れている作品。
酒瓶を両手に持たせることによって強い酔いどれ感がでています。

「いつでも一緒♪」と比べると、モーションの一瞬をとらえた撮影が多くなっています。
おそらく⑥番が受賞されるのではないかと予想。

ポートレートカメラ(30円)とパンプキンヘッド(各種)の販売(~08年11月5日)

CAの主催のフォトコンテスト開催のため、ポートレートカメラが30円で販売されています。
[ イベント ] 【更新】「第2回【CA】フォトコンテスト」開催のお知らせ
>[2008年10月24日15:30追記]
>10月24日(金)15:10~11月5日(水)定期メンテナンス前までの間、30円での販売を行います!

また、パンプキンヘッドの各種が「ふしな宝箱レインボー」にて登場。
[ ニュース ] 【更新】Trick or Treat!ハロウィン祭りのお知らせ
>開催期間:10月24日(金)15時頃~11月5日(水)定期メンテナンス
>[2008年10月24日15:05追記]
>   ふしぎな宝箱レインボー各種に「パンプキンヘッド」を追加いたしました。
>   ※それぞれの宝箱から出る色は下記画像の通りです。
>   ※各パンプキンヘッドの出現確率は非常に高く設定されております

ホーム > 公式情報+α > フォトコンテスト

メタ情報
うさ日記カウンター

総計Total
今日Today
昨日Yesterday
今週Week
今年Year

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る