Home > モンスター > 盗品

盗品 Archive

「反響の腕輪」で考えるクイックハンドの消費MPが高い理由

盗品として一番人気があると思われるのが「反響の腕輪」です。
装飾品/盗品 – コンチェルトゲート フォルテ Wiki*
wikiに掲載されている性能だと「HP+70~+90 MP-90~-70」。
HPが大幅に増えることから、ボス戦にて重宝するアクセサリーになっています。

入手可能な固体が明示されていて「ヘビーバット スフィアバット グレートバット」
魔物種類別だと「ヘビーバット」系統に属するモンスターで、
「ヘビーバット スフィアバット ダークバット エルヴァバット
 ソルバット グレートバット アゲルバット ホワイトバット」から入手を見込むことができます。
魔物種族別 – コンチェルトゲート フォルテ Wiki*

悠久の塔25階(固定層)、または悠久の塔26~29階(ランダムダンジョン)にてコウモリが大量に出てきます。
ダンジョン/悠久の塔 – コンチェルトゲート フォルテ Wiki*
出現する種類は、

  • リンクスバット
  • ワイルドバット
  • スフィアバット


このうちスフィアバットが「反響の腕輪」を所持していることになります。
つまり、考えようによっては、稼ぎ場で「反響の腕輪」が狙える場所が存在するということです。

戦闘への貢献度への課題

しかし、稼ぎ場で盗品を狙うという行為になると、言ってしまえば直接的に戦闘に貢献できない行為にもなります。

火力が間に合っている場合ならば大丈夫という人や、
火力が間に合っていても「誠意を見せる」という意味でダメという人、
稼ぎ以外でも同行する人の場合だと、
ボス戦での戦力アップが期待できるため長期的に見れば戦闘への貢献が期待できたり、
そもそもLv上げ・スキル上げ・「反響の腕輪」の買取の兼用のために同行してもらっている、
というように、かなりの状況差が出てきます。
よくPTリーダーを担うことがある私の感覚だと、火力が間に合っていさえすれば、
合間合間で盗品を狙ってもらってもいいかなというような心持なのですが、
やはりこれは1つの考え方にしか過ぎず、盗品集めは一人でやるべきという考えは既にシーフ・ファントム自身で備えているのが大半のように思えます。

この中で一番モデルケースとして挙げられやすいのが、野良募集での盗みスキルでの扱いです。
元のスティールに関しては既に出来上がっていたものとして仕方がないとして、
横3のクイックハンドが使いやすい状態だと、稼ぎでずっとクイックハンドを使いっぱなしということになりかねません。
上記に挙げた例の場合でも

  • 火力が間に合っている場合ならば大丈夫
  • 火力が間に合っていても「誠意を見せる」という意味でダメ

の場合、後者の面でNGとなる行為です。
特に野良募集の場合、稼ぎごとにメンバーが異なる場合があるので、後者の要素が強くなってきます。

逆に(火力が整っていれば)盗み続けても一向に構わない場合でも、
「反響の腕輪」狙いの場合、1匹1匹盗み続けると時間がかかってしまい、
出来るだけ手早く済ませたいというような状態で、
少なくとも従来よりも戦闘中に盗みをしやすくする必要が出てきます。
(※クイックハンドの場合だと、最初の所持しているかどうかの判別に使われるのが主な利用先)

以上のことから、盗みスキルを使いやすくする反面、
野良募集では使いづらくするためのシステム的な規制も必要だったということにより、
スキルコストの増加と、Gr1時点での消費MPが30というように使いづらくされる処置も施されたということです。
使い続けるためには食料が必要なのですが、その辺のコスト増加に際しては盗品獲得による利益での穴埋めで補填されるといった図式になります。

稼ぎ中は(規範的に)盗みスキルを使うべきではないという場合も存在するので、
そちらの場合向けにパッシブ盗みスキルの「スティッキフィンガー」も用意されることになったのが1つの経緯のように思えます。
そういう意味では「クイックハンド」と「スティッキフィンガー」の実装は、前作からの盗賊の仕様を通した歴史的な経緯から構成されているのが伺えます。
(※スナッチはちょっと仕様が特殊なので、また別の記事で改めて紹介する予定)

一方で、ワイルドバットやリンクスバットの「ファーバット系」からも「共鳴の腕輪」という盗品が手に入る機会があります。
こちらは「HP-86~-70 MP+74~+89」というようにMPがかなり伸びるアイテムなので、MAG振り無しでのファントムにとって1つの支援となるようなアイテムになりそう。

マスタリーの書とHP増加の展望について

チェルトの店で販売されているマスタリー系のスキル。

  • ATKマスタリーⅠの書
  • DEFマスタリーⅠの書
  • AGLマスタリーⅠの書
  • MGAマスタリーⅠの書
  • MGDマスタリーⅠの書
  • RCVマスタリーⅠの書
  • HITマスタリーⅠの書
  • AVDマスタリーⅠの書
  • CRIマスタリーⅠの書
  • CTRマスタリーⅠの書

1冊20N(200円)で販売されていて、オススメとしては、
近接にはATKマスタリー、AGLマスタリー、HITマスタリーで、杖職にはAGLマスタリーといったところでしょうか。
DEFやMGDが足りないと思うならDEFマスタリーやMGDマスタリーをいれて、足りないと思う箇所を補強するような具合です。
ペットにマスタリースキルも入れることはできるようなのですが、スキルスロットが少ない上に入れ替えが難しいので、あまりオススメはしません。

課金スキルは存在悪として、存在してはいけないという人もいます。
現状としては、効果が小さい(Gr1で+5、Gr10で+10程度の伸び)ので、あってもなくても変わりはないとして受け止められいるようです。
<質問掲示板 強化スキルマスタリーについて>

もっと重要なスターテスであるHPアップやMPアップは売りに出されないのかと話題に出す人もいました。
<雑談掲示板 HPアップマスタリー>
確かに海神戦でHPが極端に低い場合だと募集にすら乗りづらいという人が出ているのは事実です。
それを課金でもサポートするべきではないかという流れなのですが、存在悪として受け止めている人としては実装してほしくないという人もいるので、そちらのサポートは実現可能性が低くなっています。
(*単純に足りないHPやMPを補う手段として、ヤリナオシの種で似たようなことで出来るものの、現在はそちらの話は触れられていません)

前作のプレイヤーなら、LP増加法としては「祈りのマフラー」と「ラージャストーン」が有名でした。
「祈りのマフラー」は4等のクエストを攻略すると1PTに1つ手に入るアクセサリー。
LPが200上昇するので、後半のボス戦でHPが足りない場合はこれで補強するのが一般的でした。
「ラージャストーン」は、ラージャから盗めるレア盗品。
イリーガルマリーの「コンチェルトゲート 盗賊への道」 マリーを探しています(*262番)
特殊効果として、LPが100ほど増加します。
レア盗品なのであまり売りに出されることもなかったのですが、祈りのマフラーと比べて比較的に安価に手に入りました。
「祈りのマフラー」と「ラージャストーン」を併用して装備するとLPが300も増加します。
他にもボス戦向きの有名なアクセサリーが存在したのですが、祈りのマフラーやラージャストーンはその中でもメジャーな部類に入っていました。

今作だと、まだクエスト報酬品としてHPが増加するアクセサリーは出ていません。
一方で盗品だとちらほら出てきています
イリーガルマリーの「コンチェルトゲート 盗賊への道」 盗品リストができました 
装飾品/盗品 – コンチェルトゲート フォルテ Wiki*
例えば大コウモリ系から手に入る「反響の腕輪」のHP増加が「HP+74~83」。
R1アクセサリーながらHPの増加率が大きくなっていました。
まだ祈りのマフラーほどではないのですが、まだまだLv40代~Lv50代の範囲内のアクセサリーということ。
ペットアイテム持ちのスキルがあればHPが低いペットにもつけることができます。

「盗 壱」で手に入るアイテムと、戦闘後手に入るアイテムとは無関係

ファンブルグLvのLv35キャップに近づいてきた人が増えてきたので、「白灰の洞窟」で「獣の毛皮」取りにいってきました。
グリフォンの毛皮取りに関してはクエストを開始せずとも毛皮がとれるので、ちょっとした経験値稼ぎ・スキル経験値稼ぎを兼ねます。

全体的に戦闘に勝利してドロップするクエストアイテムの盗品保持率が高い印象があったので、今回は「盗 壱」のスキル持ちのキャラも参加させてみました。
グリフォンの毛皮が5枚そろうまでの間、グリフォンが毛皮をもっている確率はそれほど高くはない印象がありました。
10匹でているうちで1~2体が持っているといった程度でしょうか。
それでも一枚でも「獣の毛皮」がほしいクエストなので、参加できるなら「盗 壱」持ちのキャラが参加するのがベターになります。

その中で、「獣の毛皮を盗むのスキル手に入れた後、戦闘終了後でも獣の毛皮を手に入る」ことを確認しました。
要するに、盗むのスキルで手に入るアイテムと、戦闘で手に入るアイテムが判定が別物になっているということです。

前作だと、この辺で言いがかりをつけられたことがあり、そのときの論調が次の通り。
・盗むのスキルでアイテムを手に入れると、戦闘後でドロップしなくなるかもしれない
(例:ミミックからプロフィールカードを盗むと、戦闘後プロフィールカードをドロップしなくなるのではないかとの不安)
 ↓
・関係があるかどうかよく分からないグレー状態
 ↓
・よく分からないのなら盗むのスキルを使うべきではない(グレーをブラックとして扱う)

今作では積極的にクエスト系のアイテムが手に入りやすくなっていっている処理が施されていますが、そのことに関してはPTプレイにプラスに働いていることを感じています。

wikiに、モンスターから盗めた装飾品のページ

wikiにて、モンスターから「盗 壱」で盗めるアイテムの専用のページができました。
装飾品/盗品 – コンチェルトゲート フォルテ Wiki*
コチラの編集議論を経て、専用ページの作成という運びになっています。
編集議論/11 – コンチェルトゲート フォルテ Wiki*
現在では、公式掲示板に寄せることが通例化していましたが、後々wikiの方にて詳細な情報が挙げられていくことになると思われます。
<雑談掲示板 盗めたアイテム>

他にもクエストアイテムが入手することがあり、クエスト「鏡映の異郷」で出現するトランから
090616_205835
「御影石の欠片」を入手しました。
他にも、スカーレットベアから「骨つき肉」を盗めたという情報や、ムシの足が盗めたという情報が公式掲示板に寄せられています。
こちらのクエスト進行に必要なアイテムの入手については、wikiのページが装飾品扱いになっているために情報漏れが起きている状態です。

Bossモンスターの盗品からSpecialの封印カード

Bossモンスターから盗むと、Specialの封印カードが手に入ったとのこと。
イリーガルマリーの「コンチェルトゲート 盗賊への道」 封印カードのこと
イリーガルマリーの「コンチェルトゲート 盗賊への道」 前回の補足
途中から補足が入り、Boss「属性」のモンスターから盗めたようです。
詳細は補足の方をみてもらいたいのですが、クエストのボスモンスターとは限らないところがややこしい構造に。
Specialのカードは、Boss系統以外のすべての種族に適用する便利な封印カードのこと。

公式掲示板の情報だと、以前「ムシの足」(クエストアイテム)が手に入ったとの情報があったのですが、「骨付き肉」(クエストアイテム)も手に入ったとの情報が出ています。
<雑談掲示板 盗めたアイテム>
同系列のモンスターで盗めるものが一緒との見方が広まっています。
例えばゴブリンとゴブリンオーブで盗めるものが一緒(ゴブ戦士の腕輪)です。

ノッカー(丸耳系)とリーツミュー(長耳系)とパイオン(耳無系)で盗めるものが異なっています。
丸耳系がノッカーアミュレット、長耳系がノッカーブレスレット、耳無系がキューアミュレットという具合です。
同系列でもスキルスロット数が異なると、別のレアアイテムが入手できるようです。

実用系のアクセサリーもちらほら出てきているのですが、HPがプラスになるアクセサリーが登場したことが大きくなってきています。

ホーム > モンスター > 盗品

メタ情報
うさ日記カウンター

総計Total
今日Today
昨日Yesterday
今週Week
今年Year

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る