Home > クエスト > 当時の新クエスト

当時の新クエスト Archive

クエスト「コウド氷原の巨像」に挑戦してみた

クエスト「コウド氷原の巨像」に挑戦してみました。
クエスト/コウド氷原の巨像 – コンチェルトゲート Wiki*

基本的な「コウド氷原の巨像」(キーオーン)戦の特徴は次の通り。

  • 物理攻撃のダメージが非常に高い
  • キーオーンとガチガチの回避率は高め
  • 回避率が高い+4連戦で、MPの枯渇が問題になってくる
  • キーオーンがクトゥルフの範囲内に対象がいるとクトゥルフを使ってくるため、
    特に対策を練らない場合だと、クトゥルフの範囲内(横の中列と、縦中央列)にキャラクターを配置しない

各種増グレードは必須のような扱いになるのですが、
前列で活動する場合は4戦分用意した方がいいと思います。
後列への増グレードの使用については、
後列へ直接攻撃する攻撃方法で脅威となるのが
2戦目4戦目の「キーオーンの気孔弾」と、4戦目の「クトゥグァ」くらいなので、
前線をガード維持できることを仮定にすると、4戦目以外は体増グレードの使用は不必要に感じました。

他のPT攻略法を聞いてみると、やはり「魔力の砂」を使って挑んでいるという人が多く、
慣れないうちは「魔力の砂」は使っておいた方がいいことには間違いありません。
一応、魔力の砂無しでも攻略可能なのは確認しているのですが、
キーオーンの攻撃で不意にぶっ飛ぶということもよくある話なので、
そのときは少人数で戦わざるをえず、使い魔も含めた総力戦になることもありえます。

魔力の砂を使っても、例えばセイバーだとずっと「黒滅斬」を使い続けるというわけにはなかなかいかず、
MPパフォーマンスが良くカウンターを受けない「居合い斬り」を使うといった選択肢が出てきました。

1戦目

1戦目は、ガフガフ4体との戦いで、通常の巨像戦と同じく軽い前哨戦となります。
理想をいうならば、出来るだけMP消費を少ない形で撃破したいのですが、
ここのガフガフ戦も火力は高めなので一気に押し切るつもりでいた方が、
返ってMP消費が少なく済むといった状況も十分にありえます。
その辺の戦闘の方針に関しては、各PTにてあらかじめ決めておいた方が無難です。

2戦目(クトゥルフ)対策のために、1戦目のうち陣形の配置を済ませておく必要があって、
先頭の人の場合だと縦の中列に含まれていることから、
範囲外に逃れるために端の方に移動するということになると思います。

私の場合だと、セージかファントムで参加していて、
R6ナイフスキルのマグナムエッジで2体同時に攻撃して対処していたり、
セージの場合だと、あまり消費MPが多くならない程度にスキルを使って活動していて、
具体的には投薬に集中してみたり、フォルテ系のスキルを使うのもMP節約要因の行動で、
もう少し踏み込んで話すと、セージを2人集めて片方は補助にまわってMPを温存するというのも戦法の1つです。

今回の場合だと、全体的に回避率が高い相手との勝負なので、
命中率が上がる(サークル)エヴォルトを使うというのも実用となっていて、
私達が参加している場合だと、フォルテよりもエヴォルトの方が効果が挙がっていました。

2戦目

2戦目はキーオーン+ガフガフ5体との戦い。
セオリーとしては、周囲のガフガフを撃破してキーオーンを仕留めるという流れになると思います。
キーオーン戦で主に脅威となるのが、物理攻撃とクトゥルフと回避率です。

クトゥルフ対策については別のページで紹介したのでそちらで。
クエスト「コウド氷原の巨像」のR7氷魔法クトゥルフ対策

  • 物理攻撃対策

キーオーンは非常に高い物理攻撃力を有しています。
3kゆなんとかさん
まともに受けると3kくらいのダメージを受けることから平気で気絶したり離陸したりするので、
そのため最悪でもガードで受け止める必要がありました。
物理攻撃対策のために
「前列にペットを配置し、中列でプレイヤーキャラが活動する」
といったフィーニス戦でも採用されたアタッカーを中列に配置する戦法が採られることもあるのですが、
この方法だと2つほど問題が出てくることになります。

  • キーオーンとガチガチの回避率が高いため攻撃が更に当たらず、MPがどんどん消費していく
  • 中列がクトゥルフの範囲内

このことから、物理キャラを中列に配置しづらく、自然と前列で活動せざるをえません。
意外と「キーオーン戦での回避率の高さが驚異的だ」という話が出ていないようで、
実際にどれくらいキーオーンに物理攻撃を回避されるのかというと、
例えば、特にHITを稼いでいない状態で前列ランサーのボルテクスランスの多段攻撃を当てると、
多段攻撃中、1度しか当たらなかったということも珍しくないくらいの回避率を誇ります。
武器に関しても、例えば遠距離攻撃武器だと、HIT-LUC+の武器があるので、
そのHIT-が影響して全く攻撃が当たらなくなったということにもなりかません。
そのため、キーオーン戦においての物理職は、HITが伸びる装備や証スキルを積み込んで挑戦する必要があります。

一方で、キーオーン戦は
「4戦目のフィーニス以外、後列へ大ダメージを与えてくる攻撃が、キーオーンの気孔弾しかない」
といった特徴があります。
このことにより、クトゥルフの範囲外でガードをし続けるといった行動が非常に有効になっていて、
3戦目以外、相手がガードブレイクを使用してくるといったこともありません。
また、護る人数が少ない場合だと、コンバートでの保護も非常に有効な行動となっています。
尚、コンバートだと回復しかしないので、相手の数が削られてきたら単体ミラーに移るというのも1つの手になるようです。
ともに加速状態の話で、再加速する場合は前列はガードでやりすごしてもらうという連携も必要なのですが、
少数で挑んでいると、アムネ(忘却)やコンフィ(混乱)が想像以上に脅威となってくるので注意が費用。

もし気孔弾を打ち上げられてもガードでやり過せばいいので、それほど問題にならないのですが、
気孔弾直撃のダメージ
やはり気孔弾の直撃をくらうと、アルティメットでぶっ飛ぶということになるので油断は禁物。

全文を読む

クエスト「闇の研究者」に挑戦してみた

ギノスのクエストの1つである「闇の研究者」に挑戦してみることにしました。
クエスト/闇の研究者 – コンチェルトゲート Wiki*
クエスト「地響きの謎」の強化ルートをクリアしていないと挑戦できないので、
一度自キャラで「地響きの謎」をクリアして、全キャラ「助太刀ヒーロー」の称号を入手。
知人と一緒にいくときは「地響きの謎」の通常ルート→強化ルートという流れがいいかなと考えていたのですが、
下手に拘ろうとするとクエスト募集の条件が難しくなってしまうことや、
いきなり強化ルートでもクエスト内容としては特に差し障りもなさそうだろうことで、
無理に通常ルートもクリアする、といったことは考えなくても良さそうな気はしています。

ギノスの門番に話すと、バリバリに怪しい男が地下水路から出てきてコウド氷原を西に向かったとのこと。
状況からして「地響きの謎」の強化ルート終了直後からスタートとなるようで、

コウド氷原の「謎の廃屋」を進んでいくことになりました。

全文を読む

元ファンブルグLv79キャップクエスト「黎明に続く道」に挑戦してみた

元ファンブルグLv79キャップ解除クエスト「黎明に続く道」に挑戦してみました。
クエストインデックス 黎明に続く道
クエスト/黎明に続く道 – コンチェルトゲート Wiki*
2倍期間でLv75になったキャラを複数確保することが出来たので、
シルト側に引き続き、Lv75以上開始限定のクエストに挑戦してみることにしました。

開始は、リセリア城中庭から降りて、
クリアの証を交換する「なぷい」達のいる地下道の西側にいる研究員イーニスから。

研究に「ある物」が足りないということで、それを確保するように頼まれ、
ひとまず詳細は、セラルカ方面にある研究所の担当者から聞いてくれとのこと。
このとき「研究員用の近道」を通って、ファンブルグ(の地下)から「王立研究所」の方に移動することになります。
この「王立研究所」は、最近だと勇者への道でもダンジョンマップとして登場していて、
そちらの場合だと、ファンブルグではなくて西南部方面に配置されていました。

王立研究所

王立研究所にはNPCとして研究員が複数人配置されていて、
研究内容としては、古代技術の記録をもとに、
ルーンクリスタルから魔力抽出や、人口クリスタルへの魔力注入をテスト行っているとのこと。
施設としては、「魔導融合路」と「制御中枢」で構成されており、
制御中枢にある緑色のクリスタル(制御中枢核)へのエネルギー源確保のために
「千古の遺跡」に行って、奥にある「古の秘石」を持ってきて欲しいと頼まれることになります。
ゲーム中ではちゃんと装置の紹介があって、

左の画像が魔導融合路、右が制御中枢となっています。

制御中枢の周辺にはいかにもMetalなガーディアンがズラズラと整列されていて、
勇者への道のアバターがランドセイバーになっているのはコチラが元になっている様子。
研究員の説明によると、魔物のからの被害の増大による国防のために用いられるようで、
制御装置に関しては、1人の研究員にしか扱えないくらいに複雑なものだとのこと。

フレイア大陸南部にあるということで、ウィルノアのゲートを通って千古の遺跡へ進むことにしました。

千古の遺跡


千古の遺跡は、フレイア大陸南部を散策していると見かけるので、
前々から千古の遺跡が気になっていた人もちらほら見かけているのですが、
クエストにはLv75以上必要だとのことで長らく入場が断念されていた場所です。

千古の遺跡(1階)に入ると

「小さな円より始まる印を 時の進むままに歩め。
 印に寄り添い描く紋は 閉ざされた奥へと導く扉となる。」
と書かれた石碑を見つけることになりました。
この段階では正直よく分からないので、更に奥に進んでみるとランダムダンジョンに到達。
出現するモンスターLvは高めなのですが、数はそれほど出ないので稼ぎ場としては向きづらい様子。
道中のR2R3箱をスルーしながら進んでいくと、程なくして4層の固定層に到着。

そこにはまた石碑が存在していて、

「秘なる石の番人へ向かう道は 古の紋を辿る先にあり」
といった説明後、メッセージOKボタンを押すと石碑に描かれているエリアに到達しました。
このエリアだと、指定の道以外を進もうとすると落とし穴に落ちるような判定となり、
4層の石碑前から再進行となるものの、ペナルティとしては非常に軽度なものです。

石碑の文言について解説すると、
「小さな円より始まる印を 時の進むままに歩め」
 → とにかく時計回りに進む
「印に寄り添い描く紋は 閉ざされた奥へと導く扉となる」
 → 道順通り進むと先に進める
「秘なる石の番人へ向かう道は 古の紋を辿る先にあり」
 → 床の模様に沿って歩く
大雑把にはこのような意味になるようで、要は模様を時計回りに進めば先に進むことができ、
それほど難解という品物でもないので、直感的に進んでみたら自然と辿り付けるというような内容です。

文様の間を抜けると最上層に到達し、最奥には「ゴス」というコアトルタイプのボス戦へ。

ゴス周辺の敵は問題にならないのですが、ゴスの防御力が非常に高く、
イメージとしては通常出ている物理攻撃のダメージから半減するくらいの硬さを持っています。
とはいえ、ABが効くのでAD・ABで足止めしたり、物理攻撃(スキルダメージは1400くらい?)に対処できたりすれば、
Lv70以上で複数キャラで参加する分には、それほど苦戦するというほどでもなさそう。

勝利後「古の秘石」を託されることになり、そちらを制御中枢を唯一扱える研究員アリスに渡してクエストクリアとなります。

全文を読む

クエスト「秘めた力を求めて」(Lv75以上制限)に挑戦してみた

クエスト「秘めた力を求めて9」に挑戦してみることにしました。
クエストインデックス ネンニの願い 9
クエスト/秘めた力を求めて9 – コンチェルトゲート Wiki*
自分の場合、2倍期間中にLv75のキャラクターを確保するのが難しかったものの、
1.5倍期間中にコツコツ稼いでいるとLv75を達成するキャラが増えてきたので、
1.5倍終了時あたりに身内を引き連れてゾロゾロクリアする目的でひとまず下見に行ってみることにしました。

ぷむぷむ洞窟

いつもの如くネンニ前でPTを解除してクエストを受諾し、
今度は「ぷむぷむ茸」を確保するために北西側の赤いキューブに入って進行していきます。
道中はランダムダンジョン7層構成で、

サブロウ、バーリー、ライツ、ライデンの4匹の鶏とランダムエンカウント。
旧章の段階で攻略画像を見かけたことがあって、そのときから楽しみにいていた面子です。
高Lvなので何気においしい経験値が手に入るものの、
PTで稼ぐにしては数が少なく、かつ攻撃力が高いため稼ぎには向かない場所となりそう。
どうやらデフォルト名ではなく、軽いキャラクター付けのために人名っぽい名前がついているようで、
ネンニの洞窟(入り口)にいるジョン、マイキー、ボブ、コジロー、テリーと同じようなノリの扱い?

ランダムダンジョンの7層を降りると、「ぷむぷむ洞窟 守護の間」に到達。
まず看板があったので看板を調べてみると、

「シルトの頂点に立つ【ぷむ鶏】を倒して先に進むのじゃ」といった説明が行われていて、
どうやらぷむ鶏はネンニ認定上だとシルトチャンピオンとして位置していることになりそう?
ところどころ、ぷむ鶏の意思を察しつつぷむ鶏との戦闘となります。

全文を読む

メインクエスト「鋼鉄の要塞」に挑戦してみた

メインクエスト「鋼鉄の要塞」に挑戦してみました。
クエスト/鋼鉄の要塞 – コンチェルトゲート Wiki*
既にクリア済みの人がいて、「黒衣の背後」と比べると意外とあっさり終わるとの話。
ギノスのクエストっぽいのですが、ゲートはアリュートからでも良さそうだと聞いてのですが、
まだ挑戦したことはないものの、ギノスから進んだ方が時間を短縮できるだろうということで、
ゲートはギノスから進行しようということになっています。

クエストの開始は、五勇者捜索隊詰め所の周囲をうろうろしている兵士リムから。
兵士リムに話すと、いつもの如くリセリア城隠し部屋に連れて行かれ、
「黒衣の背後」でも話に出た、ギノスの幹部である「ダルバン卿」と黒史教団の繋がりの調査のため、

アリュート付近にいるトカマクたちと合流してくれと頼まれることになりました。
ここでゲイツがアリュート付近にいるといってるので、アリュートから進んだ方がいいのか、
最初に示し合わせた通り、ギノスから進んだ方がいいのか軽くごっちゃになって、
結局はギノスから進行することになったのですが、距離としてはギノスから進んでもアリュートから進んでもほぼ大差はありません。

全文を読む

ホーム > クエスト > 当時の新クエスト

メタ情報
うさ日記カウンター

総計Total
今日Today
昨日Yesterday
今週Week
今年Year

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る