Home > 公式情報+α

公式情報+α Archive

ドラクエ11ディレクターの内川さんの「メダル女学園」の紹介

その当時の界隈としては各所で「学園」という1つのジャンル潰しが展開されたものの、
その中で成功したとされる学園が、ドラゴンクエスト11の「メダル女学園」です。

2017年8月6日に放送された過去のドラゴンクエスト夏祭りの開発者座談会にて
ドラクエ11の開発話を交えつつ「メダル女学園」の話が出ていたので
今回はディレクター目線での学園開発の大変さについてのお話の紹介。

ドラゴンクエスト夏祭り2017ステージ生放送!(8/6) – ニコニコ生放送
ドラゴンクエスト夏祭り2017ステージ生放送! (8/6) – YouTube

期せずして、3月27日放送のドラゴンクエスト11の公式生放送と被るという。
「ドラゴンクエストXI S」,3月27日の公式生放送にて全キャストを一挙発表。ゲストには声優の中村悠一さんと武内駿輔さんが出演 – 4Gamer.net

ネタは本気でやらないとお客さんに届かない

3:49:00~

内川ディレクター
「メダル女学園は実は廃校になる危機を一時期抱えていまして、
 あのコストが高すぎるんじゃないかところで」
よーすぴ
「そもそもゲームの中に入ってるのは本来のメダ女ではないんでしょ?」
岡本プロデューサー
「10分の1くらいしか入ってないです。学園8、7不思議だっけ?謎クエストが大量にあったよね」
内川ディレクター
「例えば、保健室が他にあったんですけれど、泣く泣く諦めながら
 できるだけ要素を残して実現させたんですけれど、こだわりといえば
 『ネタにはすごい本気でやりましょう』というところはみんなには言っていて、
 メダル女学園存在そのものがネタっぽいところがあって
 ゲームのメインのシナリオとは勿論関係ないのですけれど、
 ドラゴンクエスト11の大きなネタとして是非やりたいなと思ったんで
 ここはもうできるだけ粘って最後まで作りきりましたね。
 あとは、細かいところに黒板にラクガキをいれたりとか、
 制服を着たモンスターだったりとかそういうところもしっかり作らせてもらいました」

「メダ女と同じですけれど『ネタは本気でやらないと
 お客さんに届かないんじゃないかな』っていうところでやりましたね」

よーすぴさんの台北のゲームショウの活動

ドラクエ10のプロデューサーから外れることになった
齊藤陽介ことよーすぴさんなのですが、つい最近
Twitterで台北のゲームショウ会場に参加した話が。
https://twitter.com/SaitoYosuke_Z/status/1088428632870072320
https://twitter.com/SaitoYosuke_Z/status/1089421934180220928
どうやらクロスゲート関連での参加っぽいのですが、
あいにく海外の諸事情については心得てないので
よーすぴさんのTwitter報告以上の情報は持ち合わせていない状態。

クロスゲートに関しては海外でスマホアプリ化された話を
ちらほら耳にしているものの、外国語である都合上
クロスゲートタイムズだとサポートはできず。
スマホ版クロスゲート – YouTube

よーすぴさんだとエニックス時代の作品に多々関わっていて
最近だとアストロノーカのイベントを開催したこともあり
凍結状態だった古いプロジェクトが動き出している一方で、
今のところXGに関しては国内でアクションがあるといった話はない様子。

『よーすぴ』がドラクエのプロデューサー業務から卒業につき、思い出話でクロスゲートの話題

過去のクロスゲート、他にも当時のエニックス社のだいたいのコンテンツ
(アストロノーカやらヴァルキリープロファイルやら)に関わっていた方なのですが、
「齊藤 陽介」さんが人事的な昇進の都合(「上がつっかえてる」との表現)で
ドラゴンクエスト10のプロデューサーから外れることになりました。
開発・運営だより -第44号- (2018/8/25)|目覚めし冒険者の広場

ドラクエの制作にかかわることで制作能力が上がっていくということで
新進気鋭のクリエイターに任せていきたいという話なのですが、
現在だと「齊藤 陽介」さんは取締役といった偉い役職についていたり、
当人のTwitterでよく海外出張に出ている話が伝えられるくらい激務だったこともあり、
体調を考慮しても他人に仕事を振り分ける必要性が続いていた状態で、
1年半くらいかけて信頼できる「青山 公士」さんに後任を託す環境づくりを整えていたといった流れ。
ドラクエの開発からは離れるものの、スクエニ社を退社するといった話ではないそうです。

その話については「雷ファミニコゲーマー」さんにて、「齊藤 陽介」さんの
過去に携わった開発環境を振り返りつつ話されてるのですが、
その中にてクロスゲートの話が出ていたので、興味ある方は是非ご確認をどうぞ。
スクウェアは貴族でエニックスはヴァイキング? 人たらしでヒットに導く齊藤Pに見る“優秀なゲームプロデューサー”【齊藤陽介×藤澤仁×ヨコオタロウ×安藤武博:座談会】

「利用履歴情報削除」の4月24日

昨日4月24日が過ぎることになって、日程通りだと「利用履歴情報削除」の処置が採られることになっています。

> 2013年3月27日(水)15:00
>  ・ゲームサーバーの停止
>  ・お問い合わせ受付の終了

> 2013年4月24日(水)
>  ・利用履歴情報削除

ゲームポット側のコンチェルトゲートのページ(http://www.cgf.jp/)に移動しようとすると、
ゲームポット社のトップ(http://company.gamepot.co.jp/)の方に移動し、
「Archeives」へのリンク(http://www.cgf.jp/archives/)でも同じことになっていて、
事実上コンチェルトゲートの公式サイトは、4月24日をもって消失したような扱いになりました。

定番フレーズの英訳

コンチェルトゲートで検索をかけてみると、
ゲームポットの公式HPに次のような言葉が表示されていました。
公式

「We are not heroes, but we all together can be strong.」

意味を訳してみると、見覚えのある定番のフレーズが頭に浮かびます。

『「勇者」じゃない僕たちにも、できること。それは、手と手を、つなぐこと。』
どうやらこの訳語が上記の英文に当てはまる様子。
手と手をつなぐこと。
よくよくみてみると、うっすらとイラスト内に英語表記の文言が書かれていました。

ホーム > 公式情報+α

メタ情報
うさ日記カウンター

総計Total
今日Today
昨日Yesterday
今週Week
今年Year

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る