Home > 前作のモンスター紹介 > ドラゴンクエスト10になって再評価されることになったマンタ

ドラゴンクエスト10になって再評価されることになったマンタ

相変わらずドラゴンクエスト10を日々楽しみ続けているのですが、
そんなドラクエ10でも一風変わった企画が話題になり、
「第1回フィッシングコンテスト 『マグログランプリ』」が開催されました。

第1回フィッシングコンテスト 『マグログランプリ』 (2017/1/31 更新)
内容としては、期間内に釣り続け大きいサイズのマグロを釣り上げるといったもの。
初心者でも釣り上げられる内容で、全員が獲得できるサイズ別報酬の他に、
上位1位から200位までに特別な報酬が用意されることになりました。

そのとき話題になっていたのがその1位~200位の報酬で、

1位~3位だと「角上魚類」さん提供による、
1万~2万円相当の「マグロと旬のお魚盛り合わせのセット」の副賞が話題に。
他にも、1位~200位で手に入る「マンタドルボード」という乗り物がほしいということで
マグログランプリの目標として連日釣り続ける人が続出することになり、
後々にドラゴンクエスト10の課金ショップの方にも
見た目用の乗り物として並ぶのではないかと期待するように見方もありました。

巡り巡ってドラクエ10で再評価されることになったマンタ

クロスゲートプレイヤーとして、マンタドルボードを観ていると、

PUK3で登場したエイ(マンタ)系のモンスターを思い出します。
前作のエイ(マンタ)系統について

クロスゲートのマンタ系だと、メインのライドシステムの実装ということや、
キュステの村からクジラ船にのってヒンメルキントという空の世界で展開されることもあり、
乗り物としてちょうど良さそうな「空飛ぶエイ」として追加された使い魔です。

エイ(マンタ)系の使い魔は、乗り物としてはちょうど良さそうなものの、
かわいらしいヒヨコやら、頼りがいのあるワニ(バジリスク)がいるような世界で
リアルなエイ(マンタ)が積極的にほしいかどうかといわれるとなかなか難しいものがあり、

クロスゲート特有の個性的なモーションで人気を博することはあったけれども、
課金要素として積極的に欲しいと思わせるだけの魅力が必要になるコンチェルトゲートの場合では、
この系統のモンスターが登場することはないまま終了することになりました。

存在しない種族属性

そもそものXGやCGの場合では、ドラクエ10にあるような「水系」の分類は存在せず、

フィッシュと名のついたドラゴン系(おそらく鱗繋がり)が関の山となるくらいに。
魚介系や水棲生物としての新種族の追加が必要だとの指摘が当時からあったのですが、
種族毎に習得できる特技が変わったためDragon族需要があったことと、


XGから種族優劣がガッツリ固まっていたため、安易に水棲生物として追加できなかったことから
CGにドラゴン種族のフィッシュが登場したといった流れに。
その無理がある流れからしても水棲生物枠はどうしても必要だということで、
ドラゴンクエスト10の方にて晴れて「水系」が実装されることになったくだりにもなります。

尚、フィッシュは種々の事情により登場することになった際物のようにも見えるのですが、
実際にフィールド置きで出すと観賞魚的な楽しみ方もできたので、
そちらの観点から話すと先駆的なモンスターにもなっています。

リアルな魚路線の到達点

ドラゴンクエスト10の釣りコンテンツの場合だと
過去作に登場した魚系モンスターである「とつげきうお」のように
モンスターを中心とした釣れるようなコンテンツにした方がいいのか
堀井雄二さんに方針を伺ったところ、リアルな魚を釣れるようにしようとのお達しがあったとのこと。

リアルな魚路線に関しては実物のモデルの存在があるということで、
シーラカンスの尾びれの向きが逆さだったり、ズワイガニの足の向きが逆だったり、
淡水魚であるコリドラスを海水魚として扱っている点を改善要求されたりと、
魚に詳しい人から正確な魚情報を反映させるよう要求される中で、
リアルなエイ(マンタ)が景品の目玉となるくらいの1つの結実した内容に昇華することになりました。

コメント (Close):1

  • 投稿者:1shtar17-04-25 (火) 0:40

    Read your record about Cross Gate,I was really moved,I’ve play XG for a long time,Glad to see you’re still Write about the XG

Home > 前作のモンスター紹介 > ドラゴンクエスト10になって再評価されることになったマンタ

メタ情報
うさ日記カウンター

総計Total
今日Today
昨日Yesterday
今週Week
今年Year

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る